まんぼな毎日


アトリエよくばり子リスへようこそ!
by jyogekonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
カテゴリ
リンク!リンク!リンク!
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


よさこいシーン無事撮影終了!650のお疲れ様!

b0072351_8314087.jpg

6月22日(日)、まず!200ミリの災害規模の大雨になると
心配されていたお天気も何とか快復。
踊り子さん、エキストラ総勢650名の熱気に
スタッフの熱気、
8月のよさこい本番時を思わせる蒸し暑さも加わり
はりまや橋商店街では、見事なよさこいシーンが
再現されました。

ハリウッド&東映のスタッフの皆さん
本当にすごい「プロ」魂でした。
今回の打ち合わせ段階で、ご一緒させていただき、
その統率力に目を見張ったのが、助監督の山内健嗣(けんじ)さん

b0072351_8323716.jpg


埼玉県秩父地方で起きた民権期最大の農民闘争「秩父事件」を
題材にした、緒方直人さん主演の「草の乱」。

ここでのべ8.000人のエキストラの心を一つにしたという
お話は伺っておりましたが、やせ細っていらっしゃる上に、
本当に腰が低い方で、そのスケールの大きな話が
なかなか自分の中で繋がらなかったのですが、

が、が、が、!本番!

映画の撮影中はスタッフが一番大きゅう見えるでね!の
感想が飛び交う中、特に大きく見えました!

b0072351_8334199.jpg


ベン=ギロリさん・高岡早紀さん・清水美沙さんほか、
俳優の方々も、本当にオーラ出てました。
素敵でした!

が、が、が、報道規制 こっじゃ~んと厳しく
従って、ブログには登場していただけませんが、

ただ、とても感謝・感激だったのは
アーロン監督・助監督さんのご配慮からでしょうか…
「まんぼさんにはいろいろお世話になったから」と
前日に広報担当の方から、この一番お忙しい時に
わざわざお電話いただいたんです。

「はりまやSTORY」さん、撮影許可が降りていますが、
もしかして、何も知らないスタッフが一般の方と間違えて
失礼な対応をしてしまったらいけませんので、
私の近くに居て下さい。ちゃんといいスペースを
確保しておきます。(じ~~~~~~ん)

あざーす!

皆さんの予想通り、おっかけの変なおばさんに
何度か間違われはいたしましたが(笑)
お陰様で、いい写真が撮れました!

麗しの俳優さん方には「はりまやSTORY」で登場して
いただくとして、今回はエキストラ・踊り子・商店街のお世話役
それぞれのポジションからの
土佐の女優魂をご紹介!

b0072351_8335473.jpg


まずは、この方、NHKの「とさ金」キャスターでもいらっしゃる
畠中智子さん。
何度も何度も繰り返される妥協のない撮影に
この笑顔を保ち続けていらっしゃいました。

近く踊り子目線の貴重なレポートが、ブログその他で紹介されると
思いますので、またその時はリンクお願いしてみますね。


畠中智子さんの人気ブログ“ほにほにWORLD”



b0072351_834570.jpg


それから、商店街のお世話役谷さん。
土佐のよさこいを知り尽くしている彼女ならではの機転で
エキストラの皆さんにうちわを渡し、よさこい名物
「踊り子をあおぎながら一緒に踊るノリノリ見物人」を
見事に演じきっておられました。

このシーンこそが
「踊り子たちが踊っていて一番感動するのは、
やっぱり通りの観客との距離が近く、観客と一体化できる商店街中」
と言っていただける所以かも。

それから、やっぱり何度も通行人で頑張ったエキストラの皆さん!!!!!

b0072351_83425100.jpg


「今日はお疲れになりませんでしたか?」の問い掛けに

「女優は待ち時間が長いのは当然です。何度も何度も商店街を歩きましたが、
ただ歩いていたわけではないんですよ。姿勢のいい女優さん方の歩き方を
意識しながら、今度はこんな風に歩いてみよう…なんて♪
これで私たちもハリウッドデビューですき!」

インタビュー中に、思わず心の中で「ブラボー!」と
叫んでしまいましたね。

「ブラボー!」と言えば、よさこいを初めてご覧になるという
俳優さん、スタッフの方々が、ほにやの舞を
初めてご覧になっていた時の感動の表情を
ずーーーっと、見ていました。

特に感激されていらっしゃったのが
ハリウッドからお越しのベン=ギロリさん。

まるで歌舞伎のように紫から黄色の補色対比の衣裳に
ばっと早変わりをされた時、
思わず歓声をあげておられました!

b0072351_8344274.jpg


高知に生まれて良かった!と実感しました。

さぁ、本当の意味での「であい博」は、まだまだ続きます。
次は、まんぼがこの3月からこじゃんと気合いを入れて
取材させていただいたシンガーソングライターを
はりまや橋にお呼びします!

b0072351_8532646.jpg


帯屋町のくじら前、路上でたたき上げの青春時代を過ごした
彼らが、大きく成長し、心を揺さぶる音楽を携えて高知の舞台に集合です。

絵画で言うならば印象派もエコール・ド・パリも
チューリップ・武田鉄矢率いる海援隊・井上陽水・長渕剛が誕生した
福岡の伝説のライブハウス「照和」もしかり。

力のあるアーティストが塊となって現れる“時代”があります。
お互いに仲間意識・ライバル心、様々な感情を交錯させながら
一緒に大きくなっていく、この“時代”の、私は大ファンなんですが、
今回、陽水の時代と同じ熱さで、
しっかりモリで魂を打ち抜かれてしまいました。

高知の路上に生まれた才能の芽。

自分たちも音楽の素晴らしさを体感してきた世代が
ライブハウスという居心地のいいサロン的役割を果たし、
大切にその芽を育て、交流の場を作ってきたことも
この音楽シーンの大きなバックボーンになっていると思います。

この高知の路上の黄金時代、今年はこじゃんと
クローズアップし、応援させていただきますき!

b0072351_041215.jpg


祝・はりまや橋商店街10周年記念ライブ
~路面電車と高知ゆかりのシンガーソングライター~

7月26日(土)18:30~
はりまや橋商店街(木造アーケード内)にて
ライブを開催いたします。
座席指定限定100。申し訳ございませんがチケット売り切れ次第
立ち見になってしまいますので、お申し込みはお早めに!
お問い合わせは、はりまや橋商店街振興組合事務局
882-4174までお願いいたします。

・はりまや双樹/紺屋茂平衛(はりまや橋電停)
「Yahoo! Japan」から「you tube」を検索。「you tube」から「はりまや橋」を検索すると
「はりまや双樹」を歌う紺屋茂平衛さんの動画映像に辿り着くことができます。

・ふりーじゃきに/紺屋茂平衛(上町電停)※龍馬が生まれた街記念館前
 
紺屋茂平衛生♪ふりーじゃきに


・足跡/ヨウヘイ(朝倉高知大学前電停)
「Yahoo! Japan」から「you tube」を検索。「you tube」から「足跡」を検索すると
「足跡」を歌うヨウヘイさんの動画映像に辿り着くことができます。(同名曲に注意!です)帯屋町デュークショップ・イオン タワーレコードで販売しています。

b0072351_8535898.jpg


・螢橋/カワハラヒロキ(螢橋電停)
「Yahoo! Japan」から「you tube」を検索。「you tube」から「はりまや橋」を検索すると
「螢橋」を歌うカワハラヒロキさんの動画映像に辿り着くことができます。
帯屋町デュークショップ・ギャラリーグラフティで販売しています。


・影花火/カワハラケンイチ(県庁前電停)
CD「音探し」3曲目です。カワケンファン投票1位の曲。
帯屋町デュークショップ・ギャラリーグラフティで販売しています。

b0072351_8535043.jpg


以下、関連HPです。

ヨウヘイマイスペース


ヨウヘイHP


京都在住大型ウタウタイ、ヨウヘイのブログ

[PR]

by jyogekonn | 2008-06-23 08:45 | えいが日記

福祉保育科人形劇&陶芸

b0072351_2364243.jpg
b0072351_236563.jpg

毎回音楽の余談は多いですが、専門は美術ということを再確認しました。
文章を書くということもそうですが、どちらも表現芸術ということで、
私の中では根底でしっかり繋がってるもの。

そんな表現教育のおもしろさが、学生たちを通して
たくさんの子どもたちに伝わるといいな…
自己表現の上手な子は「キレることが少ない」って
言いますから、秋葉原の事件のような恐ろしいことが
二度と起こりませんように…と。

気は長いですが、今回から
思い切って、陶芸の授業も2人制にさせていただきました。

4月から基礎デッサンに色彩理論に彩色実技と、
堅いところばかりやってきましたから、
この辺で子どもたちが表現を発散できる「人形劇」と「陶芸」を
取り入れています。

発表会では毎年様々なアクシデントがあり、
大爆笑となるのですが、今年もなかなか笑わさせていただきました。

人形は紙粘度で作っているのですが、
演技に気合いを入れ過ぎて
劇中、どんどん壊れていく人形があったり(思い出し笑い)

期限までにどうしても脚本が上がらず
全てアドリブで本番を抜けきったチームがあったり。
(追い込まれ、捨て身の人間の演技力はスゴイですよ!)

あー、楽しかった!

毎年一人でバタバタする陶芸も、今年はイラストレーターのビリビリさんに
授業においでていただける先生を紹介していただき
ゆったりと2人制でできました。

土佐市の陶工房「土佐人(とさんちゅ)」の森田浩路先生。

b0072351_237732.jpg


「なんか、癒されるね~」

すっかり子どもに帰って、楽しそうに土を触っている学生たち!

終始、穏やかな微笑みを浮かべながら指導して下さった先生。

この様子は高知新聞の土曜日の夕刊にも掲載されるそうです。
どうぞこういった表現教育が子どもたちが小さい内から、
もっともっと充実しますように…
[PR]

by jyogekonn | 2008-06-20 02:40

37の会

キタムラPCデポの店長に出世しちょった小学校時代の同級生
「ビキニ」を新しく37の会にご紹介。
「ビキニや〜!!!」あっくんとの感動のご対面シーンに涙…
は出ませんでしたが、7月26日のはりまや橋商店街イベントには

東大卒のキタムラのエースを派遣してくれるということで、
心配していました、茂平衛さんの画像のスクリーン上映についても、
問題がクリア!

あと、37の会に久々に現れたばーこに初めて♪「精霊流し」がえいき
聴いて聴いて!と押しつけよったのが
小学生時代の私ということが分かり
何とも感慨深いものが…。

まぁ、人間、何年経ってもあんまり性格変わらん、似いたことしゆうと
いうことやろうか…。

早く帰る予定だったのですが「初恋はまんぼ派やった」という話題に
なる度に、うれしゅうなってついつい鞄を膝に乗せたまま、
大方最後までおってしもうたちや。まぁ、どうせ最後は
「それがまぁ、こんなになってしもうて…」ながやけど…
うるさいわっ!

その他37の会報告ブログ

司牡丹株式会社社長ブログ

[PR]

by jyogekonn | 2008-06-18 12:11

エキストラ400名参加!で募集締め切り


ブライダル雑誌の仕事で、桂三枝ばぁ、
素敵な新婚さんにお目にかかり、
どうぞ、この記事が少しでも高知県の人口増加に
繋がりますように…と願いながら
毎夜毎夜、PCの前でピアニストのように原稿を打ち込む日々が

終わったーーーーーーーーーーーーー!

本が仕上がる…この達成感がえいんですよねー。
さぁ、オセロへ飲みにいこ。

…で、暫くブログも更新できずに、申し訳ございません。
お陰さまで、6月22日(日)のお昼スタートで始まる、
はりまや橋商店街での映画撮影、
400名のエキストラの皆さんが集まって下さり、
すごいことになりそうです!


司牡丹株式会社社長ブログ



畠中智子のモノ・コト・ヒトカタログ


アーロン監督が高知で暮らしていらっしゃった時に、
ホームステイ先の方々が、本当に心を持っておもてなししたように

役者の方を「とさのお客」でおもてなしする様子が様々なブログで
紹介されています。

ここで、重大発表!ここ何年か、こんなに映画まみれだった私。
どこかで制作者の視点になっていたのでしょう。

まんぼ初監督で自主制作ドキュメンタリー映画を作ります。

尊敬する映像作家の方と一緒に盛り上がっちょります。
お金はほとんどかけなくていいです。
私がほれこんだ素材は「まんま」のベタ撮りで…
そのまんまでえいがです。

発表は11月1日と決めました。

今までいろんなことをやってきた…その仲間たちが
一緒に熱くなってくれています。

今はただ…そんな出逢いに感謝!

「いや〜、映画って本当に面白いですねー」
その作品が例えどれだけ酷評されているものであっても
人に何かを伝えたいという作り手の思いやエネルギーに対し
常に敬意をこめて締めくくっていた、水野晴郎さんのことば。

だから、もう後ろ向きの気持ちはなくなりました。
一生懸命高知のミュージックシーンを支えてこられた
天国の堀田さんが喜んで降りてこられるような…

そんな映画になったらいいなぁ…
[PR]

by jyogekonn | 2008-06-12 07:19