まんぼな毎日


アトリエよくばり子リスへようこそ!
by jyogekonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
リンク!リンク!リンク!
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


久々の沸点


いただいた文旦をまとめ剥ぎしながら、テレビで男子世界フィギュアを見ていた。

ズキューン!!


その瞬間、文旦の皮に指を挟み込んだまま、しばし、放心状態⋯。前々回のサッカーワールドカップの決勝戦で、打ちひしがれるカーン選手を見た時もこうだった。トキメキという名のモリに、またしても、私のハートは見事に射抜かれてしまった⋯。

 氷上で「フラメンコ」ダンサーと化した、スイス代表、ステファン=ランビエール選手。20歳の時にアルバイトで貯めたお金を全部使ってスペインに渡った。あの時の大平原でなかなか沈みそうになかった真っ赤な夕陽を見ているようだった。ロルカの詩、サンガリアの味、トレドの土埃⋯全てが鮮やかに蘇った。


女子校時代は、まぁちゃんと隣り合わせの席で、二人で帝京サッカー小門選手に夢中だった。セーラー服の私達は、スケ下の中にサッカーマガジンの切り抜きを挟んで、よく持ち歩いていたものだ。

あの頃の記憶まで蘇った。

この小門選手とは、その後運命的な再会を果たすことになる。
高知広告センターで高知ケイリンの広告物を担当していた時に、偶然彼の名前を発見したのだ。
サッカーを引退した彼が、後にケイリン界で成功し、高知入りしていたのだ。

お目にかかることはなかったが、営業さんに無理を言って、サインをいただくことができた。

「こんな奇跡的な偶然が、ランビエール選手ともあったりなんかして⋯」
息子に話すと、
「ピシッ!バリバリバリ、ドッカーン」
と一言。
「?」
「偶然出会ったとして、お母さんは絶対に氷の上に乗ったらいかんということよえ」
さっきまでランビエール選手に高く高く持ち上げられ、くるくると氷の上を回っていたような気持ちだったのに、いきなり現実に引き戻された。


 話は変わるが、先日、芸術得点高得点保持者、美術界のステファン=ランビエール、五十嵐英之氏(倉敷芸術科学大学講師。Neo Works Epson PiezoGraph Authorized Laboratory丘本孝志氏との研究共著や、京都精華大学武蔵研究室ポリマー版画プロジェクトで、高く評価された)が来高された。
ギャラリーグラフティでの企画展、高知県立美術館での講習会においでたのだが、高知の関係者のもてなしぶりは、土佐のおきゃく2007の先陣を切るにふさわしい内容だった。

・五十嵐氏のバースディを覚えていたスタッフによるウエルカムケーキパーティ!
・企画展オープニングパーティの心のこもったお料理の数々⋯。
・土佐料理を囲む夕べ⋯などなど。

感動したのは本格藁焼きタタキ(焼きぎり)を食べさせてくれた、南はりまや町の「藤のや」のおんちゃんだ。「焼いてみるかえ?」と、五十嵐さんにタタキを焼かせてくれたのだ。「焼いてみたい!焼かせて下さい」と、氏も少年のようなお顔でうれしそうにタタキを焼いていた。

b0072351_13154225.jpg


なんでも、昔高知で食べたタタキの味が恋しくなり、藁で焼こうとしていて、気が付いたら炎に包まれヤケドを負ったことがあるとか。(プププププー。一同笑いをこらえながらお話を伺う)
「そりゃぁ、あんた、藁を横に置いつろう。藁は縦に置かんと!どういたちタタキに神経がいっちゅうきに、横から火に襲われても、夢中で焼きよったら逃げ遅れらぁよ」
大将の言葉に
「そうか⋯、藁は縦に置くのか⋯」
と、感動のご様子。
世界的な芸術家のチャレンジ精神と、研究熱心な氏の芸術の純粋さを垣間見たような、楽しいおきゃく風景だった。
[PR]

by jyogekonn | 2007-03-24 13:19 | 展覧会日記

卒業

「まんぼさんのブログ、この一月(ひとつき)ずっと20年前の写真のまんま。願望は分かるけど⋯」とB子。わざとじゃないですってば、本当、忙しかったんですってば!

 しかし⋯忙しかった分、ご褒美のように感動の嵐が吹き荒れた日々でございました。ただ涙、涙⋯。

b0072351_15112187.jpg


■まずは、卒業制作展
「おばぁちゃんからもらったクジャクの羽を使ってファッションショーのポスターを作りたい」という学生と一緒に、夜遅くまでモデルさんやカメラマンさんに付き合ってもらって撮影したことや、シルク室やPC室での悪戦苦闘の日々を思い出してしまいました。学生時代の総仕上げが、裏方たちの手によって(これがまた大変!昨年はビリビリさん、よう頑張った!)丁寧に舞台の上に乗せられ、スポットを浴びる、この開幕瞬間の感動は卒業制作展ならではの深さがあります。

 幸運にも会場は高知県立美術館。今年は「人体の不思議展」と会期が重なったこともあり、来場者も昨年度の10倍近く!約3.200名の観客が足を運んでくれました。
 受付嬢をさせていただいた私の太股筋も、お客様が来られる度に立ち上がる連続スクワットで、随分絞ることができました。

■福祉保育科の舞台「ピーターパン」
 昨年、高校の後輩であるリトルプレイヤーズシアターの田村千賀さんを福祉保育科に紹介させていただきました。それから卒業公演の舞台が楽しみで楽しみで⋯。昨年は劇団四季ばりの「ライオンキング」!今年は「ピーターパン」!何と言っても全キャストが授業でお馴染みの顔。それが海賊になったりティンカーベルになったりするわけで、普段着とのギャップがもう最高に面白い!ちかちゃんの演出の素晴らしいところは、おとなし〜い、ひっこみじあん〜な学生にも、この表現力を引き出す『力』があるということ。この「表現力をつける」指導については、3月31日に彼女のドキュメンタリー番組でも紹介されるということ。また詳しくアップさせていただきますね。

■トータルビューティ科の卒業発表舞台「リリック」
 これは、私の隣の席に座っていらしたどなたかのお父様が、涙、涙で、またもやもらい泣きしてしまいました。2年間、鍛え抜かれたヘアー・メイク技術によって美しくあでやかに変身した娘さんの姿に「花嫁の父」にも似た感情に包まれたのでしょう。特に華やかだったのが、このおいらん登場の場面!「大奥」のテーマの音楽とピッタリ合った迫力で、おいらん達が一歩、また一歩と前進する度に鳥肌が立ちました。

b0072351_15123163.jpg


ジャンルは違うけど、自分の好きなそれぞれの表現の道を、感性を同じくする仲間たちと一緒に燃え尽きるまで頑張ってこれたって本当に幸せなこと!このブログを見てくれている学生には、ユーミンの「悲しいほどお天気」を捧げます。

卒業式、謝恩会では感無量で抱き締め合った学生に「あばら折れんかった?」と、後から謝罪。
その後の二次会大ボウリング大会では、「まだまだ若いもんには負けへんで〜!」と総合優勝を決めました。

さぁ、私も卒業や。
明日からはまちづくりのメンバーたちと「土佐のおきゃく」で青春するわよ!
[PR]

by JYOGEKONN | 2007-03-11 15:16 | 展覧会日記