まんぼな毎日


アトリエよくばり子リスへようこそ!
by jyogekonn
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
リンク!リンク!リンク!
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


今年最後のブログになるかな

クリスマスの準備は、

1、エースワンで丸焼き用の鶏肉。
  これは、幼い頃から本棚に漫画は「キッチンパパ」だけ置いて、
  さりげなく洗脳してきた成果が実って、毎年息子が鶏肉の野菜詰め
  オーブン焼きを作ってくれるので楽チンなんです。

2、ワイン
  毎年ボジョレーの解禁日には遅れるが、船便でクリスマス前に
  送ってきてもらう1ダース分のワイン。

3、ケーキ
  毎年夫の営業担当のお店から購入したものを、親戚に配って、
  本当のサンタさんに変身!

4、子どものプレゼント
  もうバレバレのはずなのに、この前も「今年はサンタさん、
  デュエルのカードボックス持ってきてくれるかなぁ。
  黄色いやつね、黄色いの。」と聞こえるように
  つぶやいていましたから、早速ハローマックで「黄色いの下さい」!

5、自分へのご褒美
  「恋人はサンタクロース」という歌がありましたが、
  どうやらそれは体型だけの話のようで毎年買うてくれる気配なし。
  (釣ったまんぼに、エサはやらんてか)。
  おーーーーい、誰かーーーー!私を旭ロイヤルのエンジェルビューへでも
  連れて行ってくれて、夜景を見ながらディナーをおごってくれる人
  おらんですかねーーーー?
  大掃除でも何でも手伝いますきーーーー!と叫べど、返事なし。
  仕方がないので、自分でお気に入りを見つけに、街へ!
  

⋯で、見つけました!!

「錬星舎200のグラス展」で、このグラス!
7days Hotelで12月15日〜17日まで開催されていた池上直人&西村由美
ご夫妻のグラス展会場で。

b0072351_15205218.jpg


この展覧会のために、設計された棚の照明にライトアップされたグラスは
どれも素敵なものばかり。

「7days Hotelに あなたのグラスあります」というコピーも
とても気に入りました。
わたしのグラスは、コレ!

b0072351_1522167.jpg


本当に気に入っています。

3年梅酒を炭酸で割って毎晩お風呂上がりにいただくのですが、
このくつろぎの時間になくてはならないグラスになっております。

つくづく⋯手作りはいいなぁ⋯。

手作りと言えば、今年高知の作家さんの中で一番頑張って、一番腕を上げたと
毒舌批評家も絶賛する「なかひらじゅんこさん」の今年最後の展覧会に
参加させていただきました。

この企画は良かった!

50人の作家仲間がビリビリに対して手紙を書き、それに彼女がイラストで返事を
返していくというものですが、これは誰も彼もができる企画ではありません。

そう⋯なかひらじゅんこじゃないといかん企画。

50人の作家が彼女に愛を持って、なかなか丁寧に作品を作り込んでいたからこそ
成功した企画と言えるでしょう。みちるさん、ナイス企画!

そして、その作品の隣に、一枚一枚彼女が描いた作品がまた、
彼らの作品とうまく呼応し合ってかなりイイ感じの仕上がりに。

返事を描くにつれて、彼女自身、新境地を発見しているような

ひらめき&ワクワク感を感じずにはいられませんでした。

2枚で1枚になる⋯それが×50なのですが、本当にどれも心がこもっていて

本当に彼女の誠実さを感じることができました。

グラフティでビリビリさんとウンコ対決をした、

さんご職人の森さんの作品もみっけ!

久しぶりのブログで長くなってしまいましたが、先日偶然知人の結婚式の会場で、

寅さんに扮した芸を披露していた森さんの写真で締めくくらせて
いただきましょう。

b0072351_1522565.jpg


それでは、皆さん、よいお年を!ボナネー!
[PR]

by jyogekonn | 2006-12-23 15:34 | 展覧会日記

とさ青、2年間お休みです!

14145さんへの手紙より。

お陰様で店長も無事に退院できました。
最後までバタバタさせてしまい、申し訳なかったと思います。
これから、アメリカからオーナーが帰り次第、後片づけしなくちゃね。

この空間の店番はけっこう好きだったので、
もう一度入れて、私も幸せでした。
(「お客様に話しかけすぎて、まんぼさんが入ったら、売れんもんね。
アンナちゃんにできるだけ入ってもらおう」と言われたことがありますが、本当にこの日は売れませんでした。
途中でおいでて下さったシノッチにも
「クラフトに合う雰囲気というもんがあるきのう」と言われながら、
この日に限って妙に懐かしい人が飛び込んできてくれて、
一日喋りまくれてうれしかったです)

最後までバタバタのローテーションの中、本当に短い間でしたが、
いろんな出会いや広がりがあった、
高知のアートの歴史を刻む一角だったと思います。

一番うれしいのは、おびさんロードと、
とさ青を結ぶこの小さな路地を挟んで、
ファウストギャラリーのみちるさんと店長の本当に映画のような
カップルが誕生し、
ご結婚というハッピーエンドで終われたこと!

短い距離なのに4つのギャラリーにハシゴできるという、
とさ青から見るこの素敵な路地は、
多分この椅子に座ったみんなの心に刻まれる風景になったと思います。

それにしても、何故か記念すべき大トリの日に「入れますよ〜」と
言ってくれた不思議なご縁を感じるのは14145さん。

まぁちゃんが、スペシャル春野野菜で店長の滋養にもいい
お料理のコーディネートをしてくれていますので、
是非、この小さなお祝い&打ち上げの席にご招待させていただきますね。
これからは、とさ青メンバーは暫く「料理ととさ青器本」の出版に向けて
忙しくなると思いますが、
(また、大工事が終わって新しい形で出発できるのは
2年後くらいと聞いています)
頑張りましょう!

乾杯!

うれしいお手紙より

こんにちわ!
紙漉き体験館かみこやが5月にオープンして、およそ半年がたちました。
小さいお子様からおじいちゃんやおばあちゃんを交えたご家族連れやお友達と、
また学生さんやツアーでのグループなど、
年齢も様々に多くの方が紙を作りに来られました。
日本の伝統である手すき和紙と、それを育んできた土佐の山間の自然や文化を、
少しでも多くの方に感じていただけたらと願って立ち上げました”かみこや”が、
こうして本格的に動き始めることができましたのも、
これまで応援してくださった皆様のおかげと感謝申し上げます。
 
ロギールの仕事とそういったかみこやでの様子などが
テレビで放映されることになりましたので、
是非ごらんいただきたくお知らせいたします。
関口宏さんと女優の原沙知絵さんのお二人が紙漉き体験をしながらの取材です。

TBSテレビ 特別番組「関口宏の日本を探しに行こう」 
12月6日(水)午後7時〜 (高知県内ではテレビ高知)

いよいよ師走にはいり寒さもやってまいりますが、
皆様お体に気をつけてお元気でお過ごしください。
[PR]

by jyogekonn | 2006-12-02 10:00