まんぼな毎日


アトリエよくばり子リスへようこそ!
by jyogekonn
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
リンク!リンク!リンク!
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:食日記( 3 )


若草会のクリスマス

b0072351_15382089.jpg


15日の高知新聞でも大きく取り上げられていましたが、12月14日の「はりまやミュージックナイト」はすごい迫力のゴスペルライヴでした。はりまやSTORY11・12月号の1面でも取り上げさせていただきましたが、「ここで是非歌いたいんです!」とゴスペルグループ『モグ』『ラーダ・マーシー』を引き連れて、再び商店街を訪れた、ミュージシャンの「MASACO」さん。その名も、クリスマスゴスペルイベント「ストリート・ライト」。ここ最近は就職したばかりの学生のベリースペシャル繁忙期の応援で、久しぶりに事務所仕事に入り、無理矢理脳にシワを刻んでおりました。日中はほとんどPCの前に座りっぱなし。こうして、思いっきり体を動かして、気持ちよさそうに歌を歌っている若者たちを見ると、鬱血していた体内を、ぱぁ〜っと血が駆け巡ったような感じで、最高の気分でした!はりまやサロンでは、この贅沢な歌声をBGMに、おんちゃん達がいつものようにマイペースでひものを焼いて、一杯やっている姿も。躍動感あふれ、体内から熱を生み出すエネルギッシュなゴスペルと、七輪の熱とお酒であったまっているおんちゃんたちとのコントラストが、なんともいえず面白かったです。

翌日も、日中はほとんど、PCの前でデザイン作業と格闘。何とかこの日の作業ノルマを果たし「オッシャー!」と達成感一杯に立ち上がり、思いっきり背伸び。だって、今日は、楽しい楽しい若草会のクリスマス♪だもんね。これがあるから、少々のことでは参りませんきに。

向かった先は、ホテル日航高知旭ロイヤル22階のレストラン「エンジェルビュー」。この日は快晴で、夜空に輝く星も、高知の夜景も、本当にきれいに見えました。
いつもは、ストレス解消に食べて飲んで笑って歌って⋯の時間を過ごす私たちも、ここ最近、NHKの「プロフェッショナル」という番組をよく見ているせいか、会員の誰かが「この方をご紹介させていただきたい」という方をみんなに紹介する日も増えてきました。

■てるちゃんの時は、龍馬記念館の森館長さん。
■ゆかりさんの時は、JICA 海外ボランティア 藤井千江美さん。
■瑠海ちゃんの時は、平山小学校廃校プロジェクトの山崎さん。
■みっちゃんの時は、シニアソムリエの吉村さん。
みなさん、素敵な笑顔で、それぞれの思いをお持ちで、そしていい仕事をされていました。

そして今回、私の番。

このシチュエーションにぴったりの大人の品格の持ち主で、町づくりに関してもするどい視点で語ってくださる、現代企業社の大西映(はゆる)社長。

それがっ!大きな袋に私たちへの、クリスマスプレゼントを用意して下さっていて、一同大感激!
♪大西さんっが、サンタクロース♪
頭の中にユーミン登場。
子らに与えるだけのクリスマスだったもので、しみじみうれしかったです。
b0072351_15392323.jpg


心の中では次の曲♪ぼっくらは位置について♪と、スガシカオが歌うバックミュージックが流れ始めました。
目の前ではクリスマスレッドに身を包んだ大倉キャスターもおります。ニコニコ笑顔で聞き役上手のゆかりさんに、本物のKUキャスターお瑠海が並んでおります。

そして、お料理の説明においでる度に、面白いお話をして下さった島田シェフ。
(お忙しそうなのに、忙しさを微塵も感じさせない、こちらも大物プロフェッショナルでございました。)

私たちのために、ブルーのお皿の影が、真っ白いクロスに映えて、とっても綺麗なツリーケーキをプレゼントして下さいました。
b0072351_15401617.jpg


役者がそろった中で展開されたいろんなお話を、キューっと吸収して、また、それぞれの持ち場や、表現の場で生かすことができたらなぁーと思います。

「悩む時は尊敬する先人の話を聞け!」
来年も、謙虚でかわいらしい若草会でありたいと思います。
そして、みんな更年期に突入するし、病人抱えて大変な時、つらい時・悲しい時にPCの前に希望の持てる写真を貼って乗り越えるのよっ!

次の目標写真はコレよっ!

現代企業社「レストラン12か月」300gステーキ!
b0072351_15435672.jpg

[PR]

by jyogekonn | 2007-12-16 15:49 | 食日記

あっった、あった、20年前の写真!

あった、あった、20年前の写真!

先日、NHK出版の「食彩浪漫」の編集をされていらっしゃるSさんと、「食」のことならこの方!と、Sさん一押しのフリージャーナリストKさん(「築地のしきたり」など著書多数)、皆さんお馴染みの人気料理雑誌「エル・ア・ターブル」HPで写真口座もしていらっしゃる、料理写真家のYさん⋯とってもイカスおやじ3名を、はりまや町の「すごろく」さんにご案内させていただきました。

「ようこそ高知へ!今日は、20年前でしたら高島礼子、夏目雅子に似ていると言われた、わたくしまんぼが、高知の夜をたんまりとご案内させていただきます」と、まずは、「すごろく名物」升の中の「まけまけいっぱいコップ酒」で乾杯!その時、Yさんが「あっ、似てますよ。今でも目のあたり⋯」と言って下さった一言で、すっかりホルモンが活性化、ハイテンションになってしまった私は、「ちょっと、すいません。今のことば、滅多に聞かれない貴重な言葉なもので、友人に電話で報告させていただきます」と自宅でスケット待機中の野菜ソムリエM代に緊急報告。「なんなら血判状押させていただきます」と、もう、早大笑いの宴席に。

いつぞや友人に「目には肉がつかんきねぇ⋯」と言われたことが頭をよぎりながらも、うれしくて、なんか一番、がっばがっば飲んでしまいました。「サスガ高知の女性は、ペースが早い!」「全然顔に出ませんねぇ」と恐れられながら、いつしか接待役をすっかり忘れて、自ら、カツオの塩タタキ、ブリの塩タタキ、四万十川の青のりの天ぷら、さばの棒寿司、まいごによだれ貝、すごろく名物エビのぬくぬく天ぷら巻に海鮮サラダなど、観光客気分で食べまくってしまいました。

2次会は、バッフォーネの摩周さんとこのオープンカフェにご案内。ワインにもよく合う「ゴルゴンゾーラチーズケーキ」を堪能しながら、摩周さんも加わった「イカスおやじ4名」の会話の、まぁレベルの高いこと高いこと⋯。世界のワインを語る様子はまるで「サントリーサタデーバー」でした。(摩周さんが会話を引き出す「ジェイク」に見えました)。

ご縁が広がったのは、この店にあったイタリア料理本の何冊かをKさんの奥様が編集されていたという偶然!その後、「セザンヌ」で日和崎先生の木版画を見ながら、高知の芸術にも少し触れていただくことができました。

「高知はいい!食も人もいい!」みなさん「旨い、旨い!まんぼさん、可笑しい」の連発で、その後ご自身のブログでもしっかり高知をPRして下さいました。高知のおせっかいおばばといたしましては、美味しいお役目を無事果たすことができたかな?と、安堵いたしております。

b0072351_1234188.jpg


最後に「♪わ〜かかぁった〜、う〜つ〜くしい〜、わ〜た〜し〜と〜、飲〜んで、ほし〜かった〜♪」の石川さゆり調の思いをこめて、多分、見ていただけるこのブログに高知の夜をもっと美化していただくために、20年前のまんぼの写真を探し出しました!これから1年に1キロ太ると、現在のまんぼのできあがり!誰か、私もタタキみたいにあぶって、脂肪落としてくれんかなぁ⋯。

皆様、また「土佐のおきゃく」シーズンにも是非、おいでて下さいね〜!
b0072351_1245878.jpg

[PR]

by jyogekonn | 2007-02-04 12:06 | 食日記

オカンらは“食”イベントぞね(報告)。

春野野菜の美味しさが一段と引き立った日を、笑いで応援。

司牡丹の社長の完璧なブログ報告

を、ご紹介しましょう!
[PR]

by jyogekonn | 2006-11-19 21:45 | 食日記