まんぼな毎日


アトリエよくばり子リスへようこそ!
by jyogekonn
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
リンク!リンク!リンク!
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:えいが日記( 7 )


理想の人

自主上映映画広報活動報告一日休止。

緒形拳さんが5日、5年前から患っていたという肝臓癌のため
お亡くなりになった。

朝のニュース番組を見て、しくしく泣いた。

「私の理想の人は?」と聞かれたら必ず応えていたのが

■映画「砂の器」に出てくる三木巡査を演じた緒形拳さん
■映画「モディリアーニ」でモディを演じたアンディ=ガルシア
■TBSドラマ「愛していると言ってくれ」で豊川悦史扮する画家の榊晃次さん

いい役者さんだったなぁ…

亡くなる前の30日まで記者会見など、仕事されてて
全然知らなかった…ご病気だったなんて…

遺作となった作品が フジテレビ開局50周年記念番組
「風のガーデン」
「北の国から」で惚れ込み、北海道の富良野塾まで訪ねて行ったこともある
あの倉本聰さん脚本の作品。

多分、ご本人も、もしかしたらこの作品が遺作になるということが
分かっていたのではないでしょうか…
出たかったんでしょうね…
最期まで、演じていたかったんでしょうね…
一言一言倉本さんのセリフに魂を込め、
きちんと制作発表も済ませることができ、
本当に幸せな人、本望だったのかもしれませんね。

「砂の器」は佐川小学校6年の時に、確か学校の講堂で地域の人向けに
上映されたんですよね。当時市内まで汽車に揺られて見に行った
「ゴジラ」とか「大魔神」でなく、初めてのサスペンス映画でした。

あれからどこかで上映される度に三木巡査を見に行って
VTR販売と同時に購入。

今日は一人で久しぶりに「砂の器」を鑑賞し、
緒形拳さんのご冥福をお祈りしたいと思います。
[PR]

by jyogekonn | 2008-10-08 06:56 | えいが日記

11月1日を目指して(追加情報9/5記)

b0072351_8472732.jpg
b0072351_8474522.jpg
b0072351_8475727.jpg
b0072351_848986.jpg


先日開催された高知県立美術館での『13eyes』の一人、カメラマン門田幹也さんの写真展の記念写真集ができました!

写真展のパネル作品になったミュージシャンの方で、ご覧になりたい方は、オセロさんに預けていますので、小川さんに見せてもらって下さいね♪詳しいことは松田までご連絡下さい!とにかく、しっぶい皆はもちろん!オセロ、アンナ・バー、B.B.カフェ&ホールの空間が、なんとも言えずかっこいい感じで写っています。

b0072351_20212266.jpg
b0072351_20214353.jpg
b0072351_2022711.jpg


高知大丸東館入り口「くじら横」・京町・新京橋プラザ前で腕を磨き合った
「高知の路上アーティストたちの黄金時代」を追いかけた
自主上映映画化が決定!

ドキュメンタリー自主上映映画
「ウタウタイ〜高知の路上の黄金時代〜」

■2008年11月1日(土) 高知市文化プラザかるぽーと2階小ホールにて 
■17時〜上映会スタート(16時30分開場)
■19時30分〜B.B.カフェ&ホールにてライブイベントを開催!(19時開場)
■出演
・フォルティッシュアカンパニー
・小笠原献一
・河野圭佑
・しこたま
(路上アーティストファン必見!路上の伝説のデュオ最後の再結成ライブ)

■料金/上映会:1.500円 上映記念ライブイベント:1.500円
(チケット両方ご購入のお客様は500円サービスの2.500円券にて
販売させていただきます。)

チケット販売協力店(10月1日より販売スタート!)

■高知市文化プラザかるぽーと3Fミュージアムショップ
お問い合わせ883-5052

■B.B.CAFE&HALL
高知市帯屋町1-2-1 アスター121ビルB1 問: 088-823-2277
http://www.bbcafehall.net

■ギャラリーグラフティ
graffiti 高知市北本町4-1-23 藁工倉庫 
問: 088-878-0051(担当/山中)
http://www.graffiti-museum.com/

高知シティFM放送(76.2MHZ)「気ままにランチタイム内」で、このライブ以降
ラジオのみの再結成ユニットとなる“しこたま”として 
 「しこたまNo Limit Style」
毎月最終金曜日 12時10分頃~出演中!!
次回放送日は 9月26日(金) お聞き逃しなく!!

なんか、ウエイブが起こってきた感じがします。
皆の素敵な歌声が、ここ高知から、あなたの心に届きますように!
[PR]

by jyogekonn | 2008-09-05 08:45 | えいが日記

映画『はりまやBRIDGE』打ち上げ!

b0072351_234013.jpg


高知市からのゲストをご案内して会場入り。
佐川駅で待ち合わせして、
ふるさと佐川町の通学路を車で少し走ると、
「佐川町農協会館」に辿り着く。

あたりは真っ暗。

ここに?いらっしゃる?ホントニ?という感じの雰囲気が…

「ここですよね」
「はい…ここだと思います。確かにそうお聞きしましたし、
中にいらっしゃる方の確認も取ってますが…」
と、ちょっと不安…。

今日はこの会場に、いらっしゃるんですよね。

1979年「アルカトラズからの脱出」
1984年「アイスマン」「プレイス・イン・ザ・ハート」
1985年「カラーパープル」「刑事ジョン・ブック/目撃者」
      「シルバラード」
1987年「リーサル・ウエポン」
1988年「バット★21」
1989年「リーサル・ウエポン2」
1990年「イントルーダー/怒りの翼」「プレデター2」
1991年「レイジ・イン・ハーレム」「わが街」「ピュア・ラック」
1992年「リーサル・ウエポン3」
1993年「ボッパー」「聖者の眠る街」
1994年「マーヴェリック」◆「エンジェル」
1995年「ダンボ・ドロップ大作戦」
1997年「レインメーカー」◆「ゴーン・フィッシング」
     「スイッチ・バック」
     「バッファロー・ソルジャー」
1998年「リーサル・ウエポン4」「アンツ」(声)
     「ビラヴド/愛されし者」
2001年「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ヴァニシング・チェイス」
2004年「ソウ」
2005年「マンダレイ」
2006年「シャギー・ドッグ」「ザ・シューター 極大射程」

の、ダニー=グローヴァーさんも!

b0072351_23385363.jpg

2階入り口で、佐川小学校の同窓生で、久武塾にも一緒に通った
たみえちゃんが迎えてくれて、一安心。

扉を開けると、華やかな打ち上げの席が待ってくれていました。

b0072351_2339884.jpg


先に会場に到着していた懐しい顔が手招きしてくれ、
まず、ダニー氏に肩を組んでもらって、
少年のようなうれしそうなお顔の
はりまや橋商店街理事長&事務局長の写真掲載
許可をいただく。

谷さんと私が清水美沙さんを挟んで写してもらった写真も、
許可が降り次第、ざんじ、並べさせて
いただく予定ですが、オーラが出ている女優さんのとなりは、
やっぱりきっついなぁ〜。
フォトショ修正加えてもいいのかなー…

「気をつけます」と書かれたお気に入りの
ギターパンダTシャツを着て行って
こうして最初から、うんと「気をつけましたき」。
ここに掲載しているお写真は
全て許可をいただいたものですき。
と先に説明しておきますね。

その後、皆さんで、映画の成功を祈って鏡開き。

俳優さんたち、スタッフの方々に囲まれて、私は
こんなに輝く「佐川町農協会館」を未だかつて見たことが
ありませんき。

b0072351_23392270.jpg

b0072351_23393641.jpg


それにしても、美術さんはやっぱりすごいなー。
最後の最後まで撮影の後片付けをされていたんだろうなー。
とうとう最後までいらっしゃらない方も。

本当、この世界はスゴイわ…本当…。
はんぱじゃないわ…。

私も頑張ろうっと…。

本当に皆さん、☆お疲れ様でした☆
[PR]

by jyogekonn | 2008-07-06 23:44 | えいが日記

よさこいシーン無事撮影終了!650のお疲れ様!

b0072351_8314087.jpg

6月22日(日)、まず!200ミリの災害規模の大雨になると
心配されていたお天気も何とか快復。
踊り子さん、エキストラ総勢650名の熱気に
スタッフの熱気、
8月のよさこい本番時を思わせる蒸し暑さも加わり
はりまや橋商店街では、見事なよさこいシーンが
再現されました。

ハリウッド&東映のスタッフの皆さん
本当にすごい「プロ」魂でした。
今回の打ち合わせ段階で、ご一緒させていただき、
その統率力に目を見張ったのが、助監督の山内健嗣(けんじ)さん

b0072351_8323716.jpg


埼玉県秩父地方で起きた民権期最大の農民闘争「秩父事件」を
題材にした、緒方直人さん主演の「草の乱」。

ここでのべ8.000人のエキストラの心を一つにしたという
お話は伺っておりましたが、やせ細っていらっしゃる上に、
本当に腰が低い方で、そのスケールの大きな話が
なかなか自分の中で繋がらなかったのですが、

が、が、が、!本番!

映画の撮影中はスタッフが一番大きゅう見えるでね!の
感想が飛び交う中、特に大きく見えました!

b0072351_8334199.jpg


ベン=ギロリさん・高岡早紀さん・清水美沙さんほか、
俳優の方々も、本当にオーラ出てました。
素敵でした!

が、が、が、報道規制 こっじゃ~んと厳しく
従って、ブログには登場していただけませんが、

ただ、とても感謝・感激だったのは
アーロン監督・助監督さんのご配慮からでしょうか…
「まんぼさんにはいろいろお世話になったから」と
前日に広報担当の方から、この一番お忙しい時に
わざわざお電話いただいたんです。

「はりまやSTORY」さん、撮影許可が降りていますが、
もしかして、何も知らないスタッフが一般の方と間違えて
失礼な対応をしてしまったらいけませんので、
私の近くに居て下さい。ちゃんといいスペースを
確保しておきます。(じ~~~~~~ん)

あざーす!

皆さんの予想通り、おっかけの変なおばさんに
何度か間違われはいたしましたが(笑)
お陰様で、いい写真が撮れました!

麗しの俳優さん方には「はりまやSTORY」で登場して
いただくとして、今回はエキストラ・踊り子・商店街のお世話役
それぞれのポジションからの
土佐の女優魂をご紹介!

b0072351_8335473.jpg


まずは、この方、NHKの「とさ金」キャスターでもいらっしゃる
畠中智子さん。
何度も何度も繰り返される妥協のない撮影に
この笑顔を保ち続けていらっしゃいました。

近く踊り子目線の貴重なレポートが、ブログその他で紹介されると
思いますので、またその時はリンクお願いしてみますね。


畠中智子さんの人気ブログ“ほにほにWORLD”



b0072351_834570.jpg


それから、商店街のお世話役谷さん。
土佐のよさこいを知り尽くしている彼女ならではの機転で
エキストラの皆さんにうちわを渡し、よさこい名物
「踊り子をあおぎながら一緒に踊るノリノリ見物人」を
見事に演じきっておられました。

このシーンこそが
「踊り子たちが踊っていて一番感動するのは、
やっぱり通りの観客との距離が近く、観客と一体化できる商店街中」
と言っていただける所以かも。

それから、やっぱり何度も通行人で頑張ったエキストラの皆さん!!!!!

b0072351_83425100.jpg


「今日はお疲れになりませんでしたか?」の問い掛けに

「女優は待ち時間が長いのは当然です。何度も何度も商店街を歩きましたが、
ただ歩いていたわけではないんですよ。姿勢のいい女優さん方の歩き方を
意識しながら、今度はこんな風に歩いてみよう…なんて♪
これで私たちもハリウッドデビューですき!」

インタビュー中に、思わず心の中で「ブラボー!」と
叫んでしまいましたね。

「ブラボー!」と言えば、よさこいを初めてご覧になるという
俳優さん、スタッフの方々が、ほにやの舞を
初めてご覧になっていた時の感動の表情を
ずーーーっと、見ていました。

特に感激されていらっしゃったのが
ハリウッドからお越しのベン=ギロリさん。

まるで歌舞伎のように紫から黄色の補色対比の衣裳に
ばっと早変わりをされた時、
思わず歓声をあげておられました!

b0072351_8344274.jpg


高知に生まれて良かった!と実感しました。

さぁ、本当の意味での「であい博」は、まだまだ続きます。
次は、まんぼがこの3月からこじゃんと気合いを入れて
取材させていただいたシンガーソングライターを
はりまや橋にお呼びします!

b0072351_8532646.jpg


帯屋町のくじら前、路上でたたき上げの青春時代を過ごした
彼らが、大きく成長し、心を揺さぶる音楽を携えて高知の舞台に集合です。

絵画で言うならば印象派もエコール・ド・パリも
チューリップ・武田鉄矢率いる海援隊・井上陽水・長渕剛が誕生した
福岡の伝説のライブハウス「照和」もしかり。

力のあるアーティストが塊となって現れる“時代”があります。
お互いに仲間意識・ライバル心、様々な感情を交錯させながら
一緒に大きくなっていく、この“時代”の、私は大ファンなんですが、
今回、陽水の時代と同じ熱さで、
しっかりモリで魂を打ち抜かれてしまいました。

高知の路上に生まれた才能の芽。

自分たちも音楽の素晴らしさを体感してきた世代が
ライブハウスという居心地のいいサロン的役割を果たし、
大切にその芽を育て、交流の場を作ってきたことも
この音楽シーンの大きなバックボーンになっていると思います。

この高知の路上の黄金時代、今年はこじゃんと
クローズアップし、応援させていただきますき!

b0072351_041215.jpg


祝・はりまや橋商店街10周年記念ライブ
~路面電車と高知ゆかりのシンガーソングライター~

7月26日(土)18:30~
はりまや橋商店街(木造アーケード内)にて
ライブを開催いたします。
座席指定限定100。申し訳ございませんがチケット売り切れ次第
立ち見になってしまいますので、お申し込みはお早めに!
お問い合わせは、はりまや橋商店街振興組合事務局
882-4174までお願いいたします。

・はりまや双樹/紺屋茂平衛(はりまや橋電停)
「Yahoo! Japan」から「you tube」を検索。「you tube」から「はりまや橋」を検索すると
「はりまや双樹」を歌う紺屋茂平衛さんの動画映像に辿り着くことができます。

・ふりーじゃきに/紺屋茂平衛(上町電停)※龍馬が生まれた街記念館前
 
紺屋茂平衛生♪ふりーじゃきに


・足跡/ヨウヘイ(朝倉高知大学前電停)
「Yahoo! Japan」から「you tube」を検索。「you tube」から「足跡」を検索すると
「足跡」を歌うヨウヘイさんの動画映像に辿り着くことができます。(同名曲に注意!です)帯屋町デュークショップ・イオン タワーレコードで販売しています。

b0072351_8535898.jpg


・螢橋/カワハラヒロキ(螢橋電停)
「Yahoo! Japan」から「you tube」を検索。「you tube」から「はりまや橋」を検索すると
「螢橋」を歌うカワハラヒロキさんの動画映像に辿り着くことができます。
帯屋町デュークショップ・ギャラリーグラフティで販売しています。


・影花火/カワハラケンイチ(県庁前電停)
CD「音探し」3曲目です。カワケンファン投票1位の曲。
帯屋町デュークショップ・ギャラリーグラフティで販売しています。

b0072351_8535043.jpg


以下、関連HPです。

ヨウヘイマイスペース


ヨウヘイHP


京都在住大型ウタウタイ、ヨウヘイのブログ

[PR]

by jyogekonn | 2008-06-23 08:45 | えいが日記

『シネマの食堂』一番乗り!

『シネマの食堂』記念すべき入場者1番目でした!

b0072351_850121.jpg


グラフティのシノッチから「最近まんぼは音楽ばっかりじゃ」と
言われておりましたが、その度に
「まぁ、いっぺん、ライブハウスというところに足を運んでみて下さいや」
と言ってきました。

今回取材でよく行ったライブハウスや、お店などに
「お願い&配本、ポスター貼り」など
ここにきてちょっとだけお手伝いさせていただけたこと、
とっても光栄でした。

「STORY」もぽっちり偶然に音楽特集みたいになって、
挟み込みもさせていただいて、本当、ありがとうございます。
会場の一番後ろから見ていると、
上映までの間、観客のほとんどの方が広げて下さってる絵が、
なんともいえず、感動的でした。

5月2日~
高知県映画上映団体ネットワークが「ソムリエ」となり、
美味しい映画を案内してくれる『シネマの食堂』が始まりました。

自主映画の世界はチラシやHPはたくさん出回っていますが、
これがなかなかいつの間にか失くなってしまうもの。

こんな風に
いつも鞄に持ち歩けて
いつでも人と映画について話ができて、まっことえい!ですやん。

出来上がった本のデザインといい、美術館館長藤田さんのコメントといい
この企画自体が、とっても画期的で素晴らしい内容で…
「ああ、この方法があったんだ…」と思いました。
何より、渡した人が「こんなん欲しかった!」とよろこんでくれたことに
手応えを感じました。

b0072351_8503381.jpg


その1本目が、グラフティ主催の映画『たゆ たう』
最近注目を集めているバンド「クラムボン」初めての
音楽ドキュメンタリーでした。

これが、今のまんぼには、まさに、ド真ん中。
「クラムボン」の魅力もさることながら、全国のライブハウスの
魅力に触れることができて、最高でしたね。
(九州の『百年蔵』今度是非、行ってみたいです。
誰か歌いに行ってくださ~い)

最近、単なる記録VTRですが、ライブの様子を撮影させていただいていて
高木監督の盛り上がっていく感じも、少しですが共感できました。

高木監督も、最初は単なるプロモーションビデオを撮影していたのが
こんなことになったらしいですよ。

「自主映画作る話が出ちゅうがやき…まんぼさんはエンディングの歌の歌詞担当ヨロシク」
とRちゃんに言われながら、「いや、私も脚本書かさいて」とわがままを言い
誰よりも早く脚本をあげてきていたわけですが…

シノッチ主演『救いのダイヤルおじさん』は
現在のグラフティの忙しさから言って
とてもとても撮影できそうにないし…

プロの編集者と組んで、いつか繋げてみたいなー…

ここ最近の高知のライブ、最高にドラマティックやもんなー♪
なんて、またしても製作意欲湧く湧く。

そんな気持ちにさせてくれた映画でした。

上映後のクラムボンの原田郁子さんのトークライブも良かったですよ。
取材する度に、ミュージシャンたちの書く文章・話す内容
本当に、詩を読んでいるようにきれいだなーと
思っていたのですが、彼女自身も本当に、会話がナチュラルで、音楽を
聞いているようにふんわりしていました。

一番印象に残った話は

「あの曲を聴くと元気になれます」と言われることがあるんですが、
その歌を作った時、必ずしも自分が元気だったわけではなくて、
実はあの曲は、けっこう自分がギリギリの時に、自分に言い聞かせるつもりで
書いたんですよ。

「私よく、普段の時、完全にオーラがなくなってるね」って言われるんです。
ステージで、こう「バーン!!!」と上がったものが、ゆっくり、ゆ~っくり
落ちてきて…落ちるだけではなくて、もぐれるところまでもぐってみよう…
みたいな感じになって

映画を観たり…
本を読んだり…
返事を書きそびれている友人に手紙を書いたりしながら…

それでも自分の中で埋まらない何か…
それはやっぱり『音楽』でしかなかったんですよね。

ほらね、ふわっとした音楽聴いてるみたいでしょ!

今度は、みちる君たちが頑張っている「こうちコミュニティシネマ」の
5月21日(水)高知県立美術館ホール
『onceダブリンの街角で』
(なんと、こっちも素敵なミュージシャンたちの物語)
を観に行く予定です。

b0072351_8504488.jpg


詳しくは

シネマの食堂



久しぶりに、昔フルート吹いてた智恵子と行くんです。
楽しみ♪
[PR]

by jyogekonn | 2008-05-06 08:59 | えいが日記

モナリザも軽蔑のまなざし

b0072351_22433181.jpg先週のマルシェからこっち、びゅんびゅん一日が過ぎて行く感じだ。
忙しいのはきらいじゃないので、順調に落ちてゆく体重の棒グラフと見比べながら暫くこの状態を楽しんでいこうと思う。

マルシェ報告「マルシェの戦利品」情報などは「はりまやSTORY」で広く紹介するとして,この1週間で、特に印象に残った出来事を思い返してみることにしよう。

金曜は、初めて「人間ドック」なるものに行ってきた。
前日の夜9時以降は、飲食禁止という、私にはかなりキツイ掟が課せられたが、8時50分に計画的ドカ食いをして、朝食抜きでも苦にならなかった。

当日、胃の検査でコップいっぱいの「バリウム」に挑むが、
これも、ノドがカラカラだったので、「旨い!」と思いながら、一息に飲み干すことができ、なんなくクリアすることができた。

結果はエコーで見つかった「脂肪肝」のほかは、問題ナシとのこと。
思い当たる理由はある。フリーの仕事を自宅でガンガンこなしていくという作業は
ある意味、自分との戦いである。1原稿、1デザイン、1企画終了する度に
「気分を変える」「自分へのご褒美」と言い訳をたっぷり用意し、
冷蔵庫の扉を開けていた⋯事実は認めよう。

そのほか問診の時に、最近一番気がかりだったことを思い切って先生に質問する。
元同僚が「手足のシビレ=心臓病」だったことが発覚した⋯という話を耳にしたばかり。

「朝、手の先がしびれるんですが⋯」
の質問に対し、先生は一言「心電図ほかに問題はありませんから、多分寝ぞうの問題でしょう。
手を敷きこんでいませんか?」とのこと。
「ほーーーーーーっ!」

「それより、内蔵脂肪を燃やすことですよ。とにかくよく歩くことです」

ということで、素直な私は、今日早速プールに行き、1kmを黙々と泳いできた。

「ダ・ヴィンチコード」「市展」「プクワのポーチ引き取り」「美容院で髪のカット」

週末の動きもできるだけ早足で歩き回った。

その結果、おっしゃー!の体重に。このまま人間フォアグラになってたまるかぁー!
明日からも、飛び魚ばりのフットワークが軽いマンボで行くわよ。

[PR]

by jyogekonn | 2006-05-28 22:48 | えいが日記

最近、二人が同時に恋をしました。

若草色のセーターを着た女⋯chiekoを紹介しまーす!

ここは高知県立美術館。(3月25日)

美術館ホールで「モディリアーニ〜真実の愛〜」を観た後、

女流展の学生の作品を搬出しました。

以前から二人がファンだったアンディ=ガルシアが

これまた以前から好きだったエコール・ド・パリ時代の

代表画家モディを演じるということで、

前後徹夜する覚悟で仕事をつめて、無事にこの日を

迎えることができました。

DVD・サントラ盤が到着するまで、車の中で主題曲の

オペラを歌いまくる日々でした。このせつない恋心をどうしたらいいのか⋯。

最近、テンション下がりまくっております。

(周りは「そればぁで普通。ぽっちり!」と言ってくれます)b0072351_646344.jpgb0072351_19502420.jpg
[PR]

by JYOGEKONN | 2006-04-10 06:48 | えいが日記